立教大学体育会準硬式野球部の試合結果です。 Moreをクリックすると更に詳しい内容をご覧になれます。 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

秋季リーグ戦 対早稲田大学

先攻:立教 後攻:早稲田 (早大東伏見グランド)
             R H E
R|030000000| 3 6 2
W| 000010001| 2 2 0

投手
片岡-神岡

本塁打

3塁打 

2塁打:中島、神岡(2回)

犠打・犠飛:新井田 

失策:片岡、新井田 

盗塁:熊谷  


立教大学出場メンバー

順 守 名前  打 安 点 球 

1 中 柳沼  4 0 0 0      
2 二 木下  3 0 0 1      
3 一 今井  4 1 0 0      
4 右 石田  3 0 0 0      
  右 上野  0 0 0 1(6回裏~)
5 左 中島  4 2 0 0      
6 三 熊谷  4 2 0 0      
7 遊 新井田 3 0 1 0      
8 投 片岡  3 0 0 0      
9 捕 神岡  3 1 2 0

投手   回 安 振 球 失点 
片岡  9回 2 5 5  2

試合経過
 何としても勝って勝ち点を挙げたい今日の試合は、好守備でピンチを凌いだ後のチャンスを活かした立教に軍配が上がった。
 立教は片岡、早稲田は原田と初戦に先発した両投手の先発で始まった。
 初回の立ち上がり、片岡は自らの四球と犠打処理失策で無死1,2塁とし、犠打を決められ1死2,3塁とピンチを迎える。ここで打席には、初戦で2本の犠飛で2打点を挙げている4番川口。この打席でも右飛を放ち早稲田が先制かと思われたが、右翼手石田から一塁手今井、捕手の神岡への素晴らしい中継プレーで本塁で捕殺し先制点を許さない。
 このプレーで勢いに乗った立教は直後の2回表、1死から5番中島が左中間2塁打を放ち出塁し、さらに6番熊谷が右前安打で続き、1死2、3塁と絶好のチャンスを迎える。ここで7番新井田は1-3から投前へスクイズ。これが見事に決まり1点先制。さらに本塁への送球がフィルダーズチョイスとなり、1死1,2塁とチャンスが続く。1人倒れ打席には2戦目からスタメンマスクの神岡。初球のスライダーを見事に捕らえた打球は、左翼フェンスに1バウンドで到達する適時左越2塁打となる。この間に2者が生還し、この回3点を先制する。
 その後は両先発がお互いに安定した投球を見せる。
 このまま点差を詰められたくない立教だが、5回裏に振逃げで出塁を許したランナーを二ゴロで進められ、2番星に2試合連続となる適時中前安打を許し1点を返され前半を終了する。
 後半は両投手が再び粘りのある投球を見せ、お互いに得点を許さない。
 こう着状態で迎えた9回裏、先頭打者に四球を許し、さらに次打者の打球を遊撃手が失策。犠打で手堅く送られ1死2、3塁と土壇場で最大のピンチを迎える。ここで次打者の追い込んでからの5球目の変化球を捕手が後逸する間に1点を返される。なおも1死3塁と1打同点の場面。
 このピンチで片岡は気迫のこもった直球で勝負し、見事に空振り三振を奪い取り2死3塁までこぎつける。最後の打者には粘られながらの7球目、ここでもバッテリーは強気に直球で勝負。これが低めいっぱいに見事に決まり見逃し三振で試合終了。3-2。
 緊迫した試合を辛くも逃げ切った立教が、最初のカードで春に勝ち点を落とした早稲田から勝ち点をもぎ取った。
 次週は明治大学との試合が行われます。
 勝ち点奪取の好発進の勢いで、明治大学からも勝ち点を挙げれるように一同全力で戦いますので、応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://rikkiojunkobaseball.blog25.fc2.com/tb.php/30-0c8cfac5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。