立教大学体育会準硬式野球部の試合結果です。 Moreをクリックすると更に詳しい内容をご覧になれます。 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

秋季リーグ戦 対早稲田大学

先攻:立教 後攻:早稲田 (早大東伏見グランド)
             R  H E
R|000100000| 1  3 0
W|00003000×| 3   4 2
投手
関-神岡

本塁打

3塁打 

2塁打 

犠打・犠飛:新井田、神岡 

失策 

盗塁:熊谷、今井


立教大学出場メンバー

順 守 名前  打 安 点 球 

1 中 柳沼  4 0 0 0      
2 二 木下  3 0 0 1      
3 一 今井  4 2 0 0      
4 右 石田  4 0 0 0      
5 左 中島  3 0 0 1      
6 三 熊谷  4 0 0 0      
7 遊 新井田 2 1 0 0      
8 投 関   3 0 0 0      
9 捕 神岡  2 0 0 0      

投手   回 安 振 球 失点
関   9回 4 3 2  3

試合経過
 前日に大勝した勢いそのままに、最初のカードを2連勝で勝ち点を挙げたい立教。
 立教はリーグ戦初先発の関、対する早稲田は春季リーグで立教打線を抑え込んだ増渕の両先発で始まった今日の試合。
 先制は立教、3回に1死から木下が死球で出塁し、続く今井が左前安打でチャンスを拡げる。次打者の石田は併殺崩れで2死1,3塁とする。ここで立教は1塁走者の石田が盗塁を試みる。これが相手捕手の暴投を誘い、その間に3塁走者がホームインし1点を先制する。
 先発の関は、立ち上がりから安定した投球を続け4回まで走者を1人しか出さない好投を見せる。
 しかし5回に先頭の5番古跡に右中間2塁打を許し、犠打とスクイズで1点を返される。さらに次打者の8番安藤の打球は、不運な形で右線に落ちる2塁打となり2死2塁。ここから2連続四球を許し2死満塁。相手打者は2番の星。追い込んでからの4球目の低めのカーブをすくった打球は、強烈な打球となって投手を強襲する安打となり1点を勝ち越される。さらに弾いた打球を1塁に送球するも送球が反れ、この間にもう1人生還、1-3と2点をリードされる。
 何とか反撃したい立教だが、早稲田先発の増渕の前になかなかチャンスを作ることが出来ない。
 8回には2死2塁とし、1番柳沼は投手返しの鋭いライナーを放つも、相手投手増渕がこれを好捕するなど相手の守備に阻まれる。
 一方の関も5回以外はは打たせて取るほぼ完璧な投球をみせ追加点を許さない。
 粘り見せたい立教は、最終回に安打と四球で2死1,2塁とするも、最後の打者が遊ゴロに打ち取られ試合終了、1-3。
 春に続き、増渕の前に散発3安打9奪三振を喫し、2戦目を落とした。
 3戦目の明日は12:30より、早大東伏見グラウンドで行われます。
 何とか2勝して、最初のカードで勝ち点を挙げれるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://rikkiojunkobaseball.blog25.fc2.com/tb.php/29-4e788bc5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。