立教大学体育会準硬式野球部の試合結果です。 Moreをクリックすると更に詳しい内容をご覧になれます。 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

2008年度木村杯新人戦1回戦 対慶應義塾大学

先攻:慶應大学 後攻:立教大学 (早大東伏見グランド)

            R H
K|000000000|0 4
R|10020000×|3 4


投手
K:佐藤(5回)●、播磨(2回)、熱田(1回)-生出、小野
R:木村(8回)○、長井(1回)-仲澤


本塁打

3塁打

2塁打 K:津田(4回)

犠打・犠飛 K:福村 R:仲澤、設楽

失策 K:3 R:1

盗塁 K:0 R:設楽、大野 、仲澤
立教大学出場メンバー

順 守 名前  打 安 点 球 

1中左 設楽  1 0 0 2
  打 原田  1 0 0 0  
中 大嶋  0 0 0 0(9回~)
2 二 鈴木健 3 0 0 1      
  打 饗庭  1 0 0 0    
  遊 浅沼  0 0 0 0(9回~)             
3 捕 仲澤  3 0 1 0             
4 左 石田  0 0 0 3
走中右 関口  1 0 0 0(5回~)       
5三一 今井  4 0 0 0      
6 右 長谷川 3 2 0 1       
 走左 杉山  0 0 0 0(7回~)      
7遊二 森田  3 1 2 1       
8 一 大野  3 1 0 0              
  打 神岡  1 0 0 0(7回) 
  三 谷口  0 0 0 0(8回~)
9 投 木村  1 0 0 2
  打 山崎  0 0 0 1(8回)
  投 長井  0 0 0 0      

投手   回 安 振 球 失点 
木村○ 8回 3 2 3  0 
長井  1回 1 0 2  0 



試合経過
拙攻ながらも、序盤のリードを守りきり、新人戦初戦を勝利で飾った。

初回、公式戦初先発となる木村が、四球・牽制悪送球・犠打で1死3塁のピンチを招くも、後続を右飛と投ゴロに抑え、無失点で切り抜ける。

その裏に、相手投手の立ち上がりを攻め、四球で出た設楽が盗塁、WPで3塁に進塁。ここで3番仲澤がきっちり中犠飛を放ち1点先制。なおも1死2塁3塁とチャンスが続いたが、後続が打ち取られ1点止まり、1-0。

その後も相手投手の乱調などでチャンスを作るもあと1本が出ない。

そんな流れの中で5回裏、2四球と失策で2死満塁とすると、リーグ戦でも好調だった7番森田が右前2点適時打を放ち2点追加、3-0。

その後追加点を挙げることは出来なかったが、先発木村がリズムの良い投球を続け8回無失点で抑える。

最終回は長井が2死満塁のピンチを迎えたが、最後の打者が放った一ゴロを今井が裁いてゲームセット。
新人戦初戦を3-0の勝利で飾った。

次の試合は、火曜日、もしくは水曜日に対法政大学@立大富士見グランドで行います。

本日応援に来て下さった方々ありがとうございました!
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://rikkiojunkobaseball.blog25.fc2.com/tb.php/14-7664f8b7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。