立教大学体育会準硬式野球部の試合結果です。 Moreをクリックすると更に詳しい内容をご覧になれます。 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

春季リーグ戦 対東京大学 1試合目

T 000000000|0
R 31401005X|14
本塁打
3塁打:仲澤、山崎
2塁打:大嶋、今井、文字
犠打・犠飛:吉田、関、文字
盗塁:設楽、仲澤、今井、杉山、長谷川、吉田
失策:今井、田原

関、大野、田原―仲澤


開幕2カードの勝ち点を落とした立教大学が全日出場の望みを繋ぐ為には、残りの試合で全勝しなくてはならない中で迎えた3カード目の相手は東京大学。

久々の2桁得点と3投手による完封リレーで初戦を勝利で飾った。

先攻の立教大学は初回に四球と安打などで無死1・3塁のチャンスを作ると、重盗の間の相手の失策や5番仲澤の右越3塁打で3点を先制する。

2回には2死2塁から1番原田(豪)の中前安打で1点追加、さらに3回にはチャンスでこの日初スタメンの1年生の文字の左線2塁打、関のスクイズ、吉田の中前安打で4点を加え、序盤で8-0と試合を有利に進める。

その後も得点を積み重ね、8回を終わって計14得点。

守っては先発の関、大野、1年生田原の継投で、被安打2本の3塁を踏ませない投球で相手打線を封じ込めた。

そして最後の打者を右飛に打ち取り試合終了、14-0。

1年生の活躍なども光り、初戦を物にした。

明日の試合は早大東伏見グランド第2試合、13:00試合開始の予定です。

本日の試合にこそ大勝することが出来ましたが、残り6連勝しなくてはならない中での第一歩を踏み出したに過ぎないという自覚を持ち、明日からもう一度気を引き締め、まずは確実に連勝できるように全員で取り組んで参りますので、応援宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://rikkiojunkobaseball.blog25.fc2.com/tb.php/116-01800f4c
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。