立教大学体育会準硬式野球部の試合結果です。 Moreをクリックすると更に詳しい内容をご覧になれます。 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

春季リーグ戦 対慶應大学 1試合目

K 000000010|1
R 010000010|2
本塁打
3塁打:仲澤
2塁打
犠打・犠飛:石田、鈴木
盗塁:鈴木
失策:鈴木

関、森―仲澤


リーグ戦優勝、そして全日本出場の為には残りのカード全てで勝ち続けるしかない状況で迎えた2カード目の相手は、昨年度全日本に出場した慶応大学。昨年は1勝も出来なかった相手であったが、僅差の試合を物にした立教大学が先勝した。

まず先制したのは後攻の立教。
2回裏、この日4番に座った仲澤が直球を完璧に捕らえ、左翼の横を鋭く抜く3塁打を放つ。このチャンスに5番の石田が追い込まれながらもきっちり中犠飛を放ち1点を先制する。

さらに3回裏には1死1・3塁のチャンスと絶好の追加点のチャンスを作る。しかし、ここは慶応のエース増田に後続が抑え込まれ得点ならず。その後はなかなかチャンスを作ることが出来ないまま終盤戦に突入。

一方守備では、先発の関が完璧とも言える投球内容で慶応打線を翻弄。バックの好守備もあり7回を2安打無失点に抑えたところでマウンドを2番手の森に託す。

試合が動いたのは8回表、1死から8番生出に右越2塁打を許し1死2塁とされる。ここで慶応は9番増田に変えて代打浅井を送り込む。打球は遊ゴロとなるが、これを遊撃手が後逸、その間に2塁走者が帰り1-1の同点とされる。

しかしその裏、先頭の大嶋が遊撃手強襲の当たり(記録は失策)を放ち無死1塁と勝ち越しチャンスを作る。ここで代走に杉山を送り、さらに続く鈴木が犠打を決め1死2塁とする。1人倒れ2死2塁となり打者は2番吉田。打球は遊ゴロとなるがこれを遊撃手が悪送球、その間に2塁走者がホームインし1点を勝ち越し2-1とリードを再び奪い返す。

そして迎えた9回表、2番からの打順であったが森が3人で締めて試合終了、2-1。
両チーム合わせて7安打の投手戦を立教が勝利した。

明日の試合は早大東伏見グランド第2試合、13:00開始予定です。

先週の早稲田戦では先勝しながらも連敗を喫し非常に悔しい思いをしました。今週はその思いを晴らすためにも、明日の試合で絶対勝ち点を挙げるという決意を全員で持って試合に臨みますので応援宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://rikkiojunkobaseball.blog25.fc2.com/tb.php/112-4f4749f8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。