立教大学体育会準硬式野球部の試合結果です。 Moreをクリックすると更に詳しい内容をご覧になれます。 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

春季リーグ戦 対早稲田大学 1試合目

R 102000000|3
W 002000000|2
本塁打
3塁打:設楽
2塁打
犠打・犠飛:森田、関
盗塁:福田
失策:今井、福田

関―仲澤


前日の寒空とは一転、快晴で迎えた立教大学の今期の開幕戦、最初のカードは早稲田大学。

第1戦は序盤に奪ったリードを辛くも守りきった立教が先勝した。

先攻の立教は初回に2番設楽の左前安打で1死1塁とすると、続く3番大嶋が右前安打放つ。この打球が相手選手の失策を誘い1塁走者が一気に長躯ホームイン。幸先良く先取点を挙げ1-0とする。

さらに3回表には先頭の9番鈴木が左前安打、1番森田の犠打で1死2塁のチャンスを作ると、2番設楽が右中間を破る3塁打を放ち1点追加、さらにワイルドピッチもありこの回にもう1点を追加し3-0とした。

しかしその裏に安打、失策、四球で2死満塁とされ、早稲田の3番石川に2点適時打を許し3-2と詰め寄られる。

その後は立教の関、早稲田の原田(健)の両投手の粘りの投球と手堅い守備でお互いに得点を奪うことが出来ないまま最終回へ。

9回裏、先頭打者に安打を許しさらに四球と失策で1死満塁と最後にして最大のピンチを迎える。この場面で次打者を左飛に仕留め2死満塁とする。最後は詰まったファーストゴロを掴んだ福田が執念で頭から突っ込みベースタッチ。際どいタイミングであったが何とかアウトにしゲームセット。3-2で立教大学が辛くも勝利した。

本日の試合は、守備面では関の粘りの投球に対して内野もよく守り、外野はポジショニングよくアウトを取れたこと等は非常に良かった。攻撃面ではチャンスは作れていたので、そこで1本出せる雰囲気を全員でもっと作っていければ明日は今日よりも得点を重ねることが出来ると感じた。

第2戦は早大東伏見グランド第1試合、10:00試合開始です。2連勝して今期のリーグ戦を最高の形でスタートさせるために、選手.マネージャー一同力を尽くしてがんばりますので応援宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://rikkiojunkobaseball.blog25.fc2.com/tb.php/109-95043229
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。